御朱印帳入れハンドメイドMUKUxMUKUのブログ

minneに出店中の御朱印帳入れのハンドメイド作品紹介や趣味(レジャー、御朱印巡り、ガーデニング、グルメ、温泉)など日々の出来事を綴ります

札幌市清田区カフェリーノ(cafe Ri-no)~土鍋ごはんとワッフルの満足ランチが人気!

f:id:mukuxmuku:20171119163018j:plain

 今回は札幌市清田区にあるカフェリーノ(cafe Ri-no)にランチにいってきましたのでその様子とおすすめポイントをご紹介します!

 

 目次

 

カフェ女子はナチュラルな雰囲気が好き

f:id:mukuxmuku:20171119163044j:plain

 外観から店内まで統一感のあるナチュラルなインテリア、漆喰の塗壁やウッディーな腰壁、ミントグリーンのようなカラーがポイントになっていてとてもおしゃれで落ち着きます。小物なども手作り感があって店主のセンスが光ります。

 店舗入り口には、ハンドメイド作家さんたちの作品販売のブースも設けてあり、作家さんとの交流も感じられます。

 

ランチメニュー は満足なセット

f:id:mukuxmuku:20171119163112j:plain

  11時~14時30分までのランチタイムでは、土鍋ごはん+ワッフル+ドリンクバーのお得でボリュームのランチが魅力です!

 

 なんといってもカフェで土鍋ごはんってなかなか無いですよね!そのなかなか無い土鍋ごはんがこちらの特徴です!土鍋ごはんは、月のおすすめメニューをはじめ6種類から選べます。※土鍋ごはんのメニューを撮影し忘れました。

 

 白米の土鍋ごはんは2種類(唐揚げセット・豚角煮セット)炊き込みごはんは(あさりと生姜・舞茸とごぼう・みょうがとあさり・じゃこと梅しそ・

 

 ドリンクバーは90分付きと時間タップリですし、ドリンクの種類もホットコーヒーや冷たいお茶やウーロン茶、リンゴジュースなどの子供に人気のドリンクもあって十分な品揃えがされています。これなら飽きずに会話が弾みます(笑)

 小さいお子様をお持ちのママさん用に喜ばれる最近流行りのカフェインレスコーヒーもインスタントだけど置いてある気遣いが◎です。

 

 土鍋ごはんをよそる茶碗をお好みの作家さんから選びます。それぞれに雰囲気の違う4種類の作品から選ぶのにとても悩みます。そして、その作品はレジ脇の棚で販売しているというこだわりっぷり!

f:id:mukuxmuku:20171119163151j:plain

 

注文して20分ほどして新米が炊き上がりました!

f:id:mukuxmuku:20171119163223j:plain

  11月という時期も良かったので新米が土鍋で食べられるなんて、とても贅沢な気分でテンションが上がります。土鍋の蓋を開けるとお米がツヤツヤとして粒がたっています!最近では炭水化物抜きダイエットなんかが流行っていますが、このごはんの美味しさはやめられません。日本に生まれて良かった~としみじみしてしまいます。また、おかずの唐揚げも限定5食の豚の角煮も土鍋で炊いた白米に相性抜群です!

おダシがついて2度美味しい!

f:id:mukuxmuku:20171119163241j:plain

美味しいおかずと一緒に食べる土鍋ごはんは最高ですが、さらにこちらは『おダシ』がついてくるので、漬物と一緒にお茶漬けにすることで、さらさらっと食べれちゃいます!お茶碗2杯分はある土鍋ごはんがあっという間に胃袋へ消えていきました(笑) 

 

ランチのトドメはアイスワッフル

f:id:mukuxmuku:20171119163301j:plain

 こちらのカフェリーノのもうひとつの看板メニューワッフルはふわふわ系ではなくしっかり系だからアイスとの相性が抜群です!生クリームが甘すぎなくてあんなにご飯食べたのに不思議に食べられます。(別腹でした)

お持ち帰りにワッフルはいかが!

f:id:mukuxmuku:20171119163320j:plain

 店舗入り口のショーケースには、数種類のワッフルを販売しています。食事中にも数名がワッフルのお持ち帰り目当てに来店されていました。

 ひとつ150円~とお土産にも最適なので、お子様やお友達への手土産にも最適ですね! 人気No.1は『プレーン』、No.2は『メープル』、No.3は『チョコクランチ』季節に合わせた種類もあるので飽きずにまたいきたくなりますね。

予約殺到のキッズスペースはママさん方の味方

 こちらには、もう一つ人気の秘密が!それは小さなお子様連れにとっても優しい小上がりを予約できちゃうんです♪混雑していて写真に収めることはできませんでしたが、お店の一番奥にとてもおしゃれなカワイイキッズスペースがあります。11時・13時半の予約ができるそうですが、いつも満席♪小さなお子様たちの楽しそうな姿に自然に顔も緩みます。

 小上がりの予約はこちらのブログで確認してみてください♪

ameblo.jp

アクセス

厚別滝野公園通り沿いで眼鏡市場のお隣です。

 駐車場は目の前と眼鏡屋さんの場所など数台ありますが、そこまで台数がないので乗り合わせしていくことをおすすめします。

最後に

 今回は、土鍋ごはんが味わえる札幌市清田区のカフェリーノ(Cafe Ri-no)をご紹介しました。

 カフェは数えるほどありますが、美味しい土鍋ごはんを食べられるカフェはそうそうありません。さらにワッフルとのセットなんて!

 おしゃれな店内と食事も美味しくゆったりでき、小さなお子様をお持ちのママさんの強ーい見方のお店でした。

 平日は女子で混雑していますので、予約してからいかれることをおすすめします。

 

北海道のおすすめのカフェ

円山Caféサカノウエ

江別市のログハウスカフェ ビックフォーレスト

Samurai.cafe【侍cafe】

石狩市わがまま農園カフェ

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村