御朱印帳入れハンドメイドMUKUxMUKUのブログ

minneに出店中の御朱印帳入れのハンドメイド作品紹介や趣味(レジャー、御朱印巡り、ガーデニング、グルメ、温泉)など日々の出来事を綴ります

皆さまにお聞きしますが御朱印バッグは必要ですか?

f:id:mukuxmuku:20170705214112j:plain

こんにちはMUKUxMUKUです^^

 

今回は御朱印巡りをこれから始めようかな?という方はもちろん、すでに楽しまれている方の中にも疑問に思われている方が多い『御朱印バッグは必要なのか?』についてです!

目次 

 

御朱印帳はどこに入れるのか?

大事な御朱印ですから、透明カバーや専用ケースに入れている方が多いですよね?

ワタシもそうです!

でも、その大事な御朱印帳ケースはどこに入れていますか?

まさかバッグに無造作に入れている!なんてことはないですよね???

大事に入れているけど、そのままっていう方も実は多いみたいです!そこで使いやすい御朱印帳入れ・御朱印帳バッグについて考えてみました。

 

どんなタイプが人気なのでしょうか?

★ふくさタイプ(ケースタイプ)

御朱印帳にピッタリなサイズで御朱印帳のケースといった感じです。ブックカバーのようなタイプですっきりしているのでかさばりません。また、大判タイプや2冊用まで選べるように様々な種類も増えているようです。

 

★巾着タイプ

手先が器用な御朱印ガール達は自分で作ります。(自称:ワタシも器用です)
作り方はネットで調べればすぐに検索できて、わかりやすく説明されているので、割と簡単にできてしまうみたいです。
ただし、巾着タイプはその形から御朱印帳の角が擦れやすく、傷つきやすいデメリットがあります。

神社仏閣にて御朱印帳と一緒に販売されているタイプもこちらの巾着タイプがほとんどです。


★ポーチタイプ

万能な小物入れポーチを利用している方も多いのではないでしょうか?
こちらのタイプも御朱印帳と一緒に販売されていることが多い種類です。今では御朱印用として和柄生地などが人気のようです。

 

★がまぐちタイプ

最近人気なのががまぐちタイプです。
『和』に相性が良く、御朱印帳コーナーなどで一緒に売られています。
丸みを帯びた金具の形が女性に人気が高く、すぐに中身が取り出しやすいので使いやすいそうです。
ただ、デメリットとして多少お値段が高めに設定されていることが多いのと止め金が効かなくなることが割とあります。(経験上たまたまかもしれませんが、、、)

 

★番外編:ジップロック

突然の雨や湿気に強いので和紙を使用している御朱印帳を守るには抜群な性能!
でもやはり安っぽくてひと目で出すには恥ずかしい思いをすることがあるかも、、、

 

どこで売っているの?

最近では御朱印集め人気の高まりもあって御朱印ケースの種類も豊富になりましたが、まだまだ近所で販売しているわけではありません。また、せっかく購入するならしっかりとしたものを購入したいと思われる方も多いと思います。

ここからは、御朱印帳入れを販売している場所をご紹介します。

★神社仏閣

御朱印の取り扱いのある神社仏閣ではオリジナルの御朱印帳や御朱印帳袋を置いているところが増えています。インスタグラムやネットでもたくさんの御朱印ガールの皆さんがUPしていますし、人気のコラボ作品もあります。御朱印帳と同じ柄のセットで揃えられるのも魅力です。

 

★ネットショップ

今では買い物に出かけなくてもスマホでお買い物が完結してしまいます。
やはり大手のショッピングサイトではたくさんの御朱印バッグが販売されています。

 

★ハンドメイドサイト(楽天やアマゾン)

最近注目されているハンドメイドサイトでは、気に入ったデザインが無い時など作家さんのオリジナリティあふれる作品に出会えます。また、他の人と一緒じゃ飽き足りない上級者のオーダーなんかも受け付けていて、満足度が高く、リピート率も高いようです。

 

 

最後に

御朱印バッグは必要なのか?

最終的には個人の判断になりますが、無いよりはあった方が良いと思います!
大事な御朱印を守ることは必須ですし、御朱印のように様々な種類のバッグを集めて、その時々で楽しむのも御朱印巡りの醍醐味になると思います♪

御朱印巡りに最適なお気に入りのバッグを手に入れてはいかがでしょうか?

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村